宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第五章 人の一生

第三節 葬送

二 葬式の準備

 葬式には竹を使用したさまざまな作り物をし、これは隣組以外の組が担った。竹は地区内の屋敷の竹山からもらい、その礼としてお金を包んだ。竹を使って組が作るものは葬式の参列者が食事に使う「箸」、庭の四隅に立てて葬列で持つ魔除け「シシ」、棺にさしかけて魔除けとする「シシテンゲ」、墓掘りのとき深く掘るために使う「竹」、出棺時に灯す死者の道しるべである「ツジロウ」、いっしょに埋葬する「コンゴウヅエ」などである。このほか、材木を使ってガンバコ(棺)を乗せる「デンデンボウ」を作る地区もある。