宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第五章 人の一生

第三節 葬送

一 死と霊

 臨終間際に近親者で末期の水をとる。これは脱脂綿やガーゼに水を含ませて、唇を湿らせてやることで、「死に水を取る」ともいい、血の濃い順に行った。末期の水は亡くなってから行うという家もある。