宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第五章 人の一生

第二節 結婚

二 祝儀

 嫁は休みはなかった。たとえアメフリショウガツ(雨降り正月)でも、ゆっくりと休むことはなかった。田植えでは縄張りが嫁の仕事でいつも一番先に田に入り、お茶のときは一番に上がって支度をした。