宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第五章 人の一生

第二節 結婚

二 祝儀

 婚礼後三日目に実家に帰る。これをミツメ・カミアライなどという。家によって若夫婦と舅姑、姑と嫁、あるいは一人で里帰りした。実家に帰ると母親に手伝ってもらって髪を洗った。ミツメには実家の隣組や親戚に配るために七、八個の赤飯の重箱をもって実家に帰り、また実家からは婚家先の隣組に配る赤飯をもらって帰った。この里帰りは日帰りであったり、二、三日泊まったりする。
 逆井のある家では、ミツメのとき、半紙二帖と手拭い一本をお互いの実家の近所に配った。半紙二帖は水引で結わえてお互いの実家の名前を入れた。