宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第五章 人の一生

第二節 結婚

二 祝儀

 式の翌日か翌々日に、嫁や入り婿は姑に連れられて隣組以外の近所に挨拶をして回った。このときは手拭いなどを配る家もあれば、挨拶だけの家もある。回る範囲も家によるが、入り婿の場合は氏子を同じくする旧村全域というように、広範囲を回ることが多い。特に須賀下や辰新田では昭和四〇年代までは、婿に来たときには須賀地区の五字(約一五〇戸)に挨拶にまわったという。