宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第五章 人の一生

第二節 結婚

二 祝儀

 祝儀はオショウバンによって進められた。オショウバンは親戚や隣組の人の中でも司会進行に慣れている人に頼んだ。まずオカッテを手伝う隣組の女性たちによって桜茶が出され、出席者の紹介をした。そのあと三三九度の盃を交わす。
 三三九度は婿と嫁が向かい合い、仲人がその両脇に座り、オチョウメチョウといわれる男女の子供が盃に酒をさした。三三九度の盃は三つ重ねの盃で、その一枚目を婿が持ち、メチョウ(女児)が酒をさし、婿が三口で飲み干した後、嫁に渡し、オチョウ(男児)がその盃に酒をさし、嫁が三口で飲み干した。二枚目、三枚目については一枚目と同様に婿から嫁の順という家と、二枚目だけは嫁から婿の順にする家がある。
 三三九度のあと、出席者一人ひとりが盃を受ける。そのとき酒をさすのはオカッテの女性たちである。