宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第五章 人の一生

第二節 結婚

二 祝儀

 婿の家のデイとヒロマの間の障子を外し、ひとつの部屋として使用した。このように家で祝儀を行う習俗は昭和四〇年ごろまであったが、昭和三〇年ころには三三九度の杯を家で交わしたあと、杉戸の料亭に出向き披露宴を行う家があった。