宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第五章 人の一生

第二節 結婚

二 祝儀

 昔は婚家先が近かったため嫁は歩き、花嫁行列を作って婿の家に向かった。昭和二一年ごろの祝儀ではウシグルマやリヤカーに乗って嫁入りする人もあった。タクシーでの嫁入りは早い例では昭和五年には見られたが、一般には同三〇年代に入ってから普及した。昭和二五年に杉戸の人力車に乗って嫁入りした人もいる。
 花嫁行列は家によっても異なるが、おおむね、提灯持ち二人・仲人・嫁・嫁の男親・嫁の親戚の順であった。このとき全体の人数を奇数の七人か一一人にするという家もある。