宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第五章 人の一生

第一節 誕生と成長

三 子供の成長と儀礼

 お七夜には名前を付ける。名前は両親が付けることが多いが、ほかに先達に見てもらったり、産婆に付けてもらったり、働き者だった先祖の名をもらって付けたりした。半紙に「命名○○ 生年月日△年○月×日」と書いて大神宮様に貼った。
 金原のある家では画数を見て命名した。名前一文字の画数が偶数はシロボシ、奇数はクロボシといい、クロボシ・シロボシの順になるようにつけた。