宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第五章 人の一生

第一節 誕生と成長

二 出産

 お産は「お棺に片足突っ込んでいる」などといわれ、命がけの行為だった。なかには不幸にして亡くなってしまうことがある。その場合は川施餓鬼・流れ灌頂とし、川や橋の際に竹を四本刺して、晒を結びそこを通る人に長い柄杓で、川の水をかけてもらった。お産で亡くなった人は血の池地獄に落ちるといわれ、これを助けるためにこうした供養をするという。