宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第四章 信仰

第三節 民間知識

二 民間療法

(一)神社や寺院に祈願する

○姫宮神社で夜にお百度参りをする。
○足の悪い人がわらじを納める(重殿社)。
○川島の庚申様から耳の悪い人は竹筒に入った酒をもらってきて耳につける。治ると同じものをあげる。
○安産、子授けは東粂原の地蔵様、野島の地蔵様(越谷市)、仙台の塩釜(しおがま)神社に祈願する。
○真蔵院の薬師様は目の神様である。
○小淵の観音様(春日部市)に祈願すれば、いぼ・あざがとれる。
○小淵の観音様の護摩の炭を塗るといぼが自然になくなる。
○内牧の薬師様(春日部市)で目薬の水をいただく。
○上野田の開山様(白岡町=正伝寺)は婦人病に効く。
○慈恩寺村の子育地蔵(岩槻市)へ子供の体が悪くなったときにはお参りに行く。
○子授け祈願には、岩槻市鹿室の宝国寺の地蔵様に参る。

4-68 重殿社のわらじ