宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第四章 信仰

第二節 屋敷神・屋内神

二 屋内神

 歳神様はトシガミサマ、歳徳人などと呼ばれる。歳神様はその年の作物の豊作をもたらす神様として信仰されている。歳神様は正月の期間だけ祀る神様で、元日に来て正月に入って初めての卯の日、卯の刻(午前六時)に上がって行くという。
 歳神様の祀り方は、天井から歳神様の棚をアキの方に吊るして、そこに幣束を立てる家と、棚を設けず大神宮様や床の間などの常設の所に幣束を立てて祀る家がある。

4-62 床の間(西原 S家)