宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第四章 信仰

第一節 ムラの信仰

五 東粂原の獅子舞

(四)舞の実際

[舞の実際]

 曲が花の曲に移ると、舞は獅子たちにより円を書くように舞場を移動しながら舞われるが、三匹が拝殿近くの位置に進む直前に花笠を被った「花」が一人、舞場の中心に立つ。この位置は、三匹の獅子の舞っている位置の中に当たる。「花」は、以前は青年会の役員、現在は保存会の役員が被る。