宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第四章 信仰

第一節 ムラの信仰

五 東粂原の獅子舞

(四)舞の実際

[舞の実際]

 綱は総立ちで前進して行き、笛の変化をきっかけに終了するといった内容で、比較的容易な演目である。綱を上演するときには、舞い始める段階から、拝殿前に綱を二人で持って立っている。綱を持つ二人は、ややたるみを持たせて持つ。