宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第四章 信仰

第一節 ムラの信仰

五 東粂原の獅子舞

(三)所役と設備

[所役と設備]

 青年会が獅子舞を運営していた時代には、獅子の舞子や笛、太鼓の何れもできない青年会員は、炊事をやったものである。炊事は、当日の食べ物の用意や風呂沸かし、このほか前日と翌日も出て準備や後かたづけをしなければならない。入ったばかりで、舞子になる練習をしている者も同じである。以前は、この炊事をいつまでもやるのが嫌だから、一生懸命に舞や笛などを修得したものであったという。