宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第四章 信仰

第一節 ムラの信仰

五 東粂原の獅子舞

(三)所役と設備

[所役と設備]

 獅子舞で、獅子以外の舞役が出る例は多い。県内では、一人の場合が多く、宰領、山の神、ハイオイ、猿若などというように、役名が様々に伝承されている。その性格は、舞の先導役として位置づけられ、加えて道化役としての特徴がある。
 東粂原の獅子舞では、ひょっとこがこの役割にあたる。ここでの特徴は、ひょっとこが三人で、三匹の獅子に一人ずつそれぞれつくという点にある。興に乗ると、観客とやり取りをしたり、子供をかまったり、道化役としての位置づけもある。また、村回りのときには、一行の先払いをするように竹箒で掃いて歩くのが特徴的である。
 ひょっとこは、ベテランの舞子が扮するもので、経験の少ない舞子を指導しながら舞うものである。全員がベテランでなくても、一人よくわかっている者が入ればよい。三匹の獅子にそれぞれひょっとこが付くようにして舞うため、元々は三人であった。現在はひょっとこが四人出る。舞のときにはひょっとこの持ち物は特にないが、村回りのときには箒を持つ。この箒で、獅子の歩く前を掃いて歩くのである。このほか、舞で使う弓も持って歩く。以前は、獅子舞を舞うときにもひょっとこは箒を持っていたもので、舞を間違えるとその箒で足を押されたりしたものである。

4-53 左から男獅子、女獅子、中獅子、ひょっとこ