宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第四章 信仰

第一節 ムラの信仰

五 東粂原の獅子舞

(二)上演の実際

[上演の実際]

 練り込みが終了して、短い休憩の後、すぐに鷲宮神社への獅子舞の奉納を行う。上演する順番は梵天→綱→花→梯子→弓→平庭→隠しの順で、以前はこの全演目を舞うものであったが、現在は舞う人も少ないので、例年四つくらいの演目しか上演していない。ただし、順番は、ほぼこの順序で上演する。このような上演の単位を一庭、二庭という数え方をしている。