宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第四章 信仰

第一節 ムラの信仰

五 東粂原の獅子舞

(二)上演の実際

[上演の実際]

 獅子の一行が境内に入ると、神明社、雷電社、御手洗権現、稲荷様、御嶽様の順番で、それぞれの社を前にして練り込みという演目を舞う。舞は門がかりと同じである。舞う場合には、門がかりと同様に、舞場の境を示すように四隅に花が立ち、その中で獅子が舞う。その後ろには、太鼓二人が、更に後ろには笛が立って演奏する。