宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第四章 信仰

第一節 ムラの信仰

五 東粂原の獅子舞

(二)上演の実際

[上演の実際]

 獅子舞の上演をする前に、神社では祭典が行われる。祭典は七月一六日の午前九時から行われ、神社総代、区長、保存会役員などが出席した。現在では一六日に近い日曜日に獅子舞を行うため、祭典も同様に獅子舞当日の午前一一時ごろから行っている。

4-50 祭典

 上演は、獅子やひょっとこ、天狗、花笠、太鼓、笛が列を成して神社の周りを一周する村回り、村回りから帰って神社の鳥居の前で行う門がかり、境内の末社の前で行う練り込み、鷲宮神社の本殿前での奉納の四つに分かれる。