宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第四章 信仰

第一節 ムラの信仰

二 祭りと行事

(一四)観音行と念仏

[観音行と念仏]

 辰新田では一月一四日を除く毎月一四日に安養庵(集会所)で真言を行う。八月は八月一五日過ぎに盆オトキとして行なう。女性の年寄りが集まり、「おんあぼきや べいろしゃのう まかぼだら まにはんどまじんばらはらはりたや うん」という光明真言を唱えながら大太鼓や小太鼓を叩く行事である。大太鼓は一つを二人で叩き、小太鼓は二つあり一人ずつ叩く。その他、リンを叩きながら唱えた回数を数える人が一人入り、計五人で行われる。以前は小太鼓が三つであったという。真言の終了後に持ち寄った菓子や料理を食べながらオトキが行なわれる。

4-31 辰新田の真言