宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第四章 信仰

第一節 ムラの信仰

二 祭りと行事

(五)お獅子様

[お獅子様]

 獅子まつりはお獅子様ともいわれる厄よけの行事である。以前は、姫宮神社の祭礼の翌日である七月二一日に行ったが、その後、七月下旬の日曜日に夏まつりを行うようになり、獅子まつりの日が動いて、夏まつりと獅子まつりを一緒にするようになった。つまり、おみこしと天狗、お獅子様が一緒に歩くようになった。獅子の役は獅子が重いが衣装は楽で、天狗は軽いが衣装が大変である。獅子は姫宮神社から借りる。現在はヤドはなく、道路でおみこしと共に三回くらい休憩する。以前は年番が獅子と天狗をやっており、その前をふれ太鼓が歩いた。昭和四〇年ごろまでは年番が米を集めて炊いて全員で食べた。