宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第三章 年中行事

第四節 盆行事

二 七夕

 七夕が終わると飾った七夕飾りは用水などに流した。昭和四〇年代ごろから用水などに流すとゴミになるので畑に立てたり、燃やすようになった。また、真菰の馬は屋根に放り上げるなどさまざまな呪術的な処理が行われる。
 東のある家では、七夕の馬は六日の午後から作って飾る。この馬は七夕が終わると二頭を一つに結わえて、一年間大神宮様の棚に飾ってから翌年の七夕に屋根に放り上げる。

3-40 大神宮様に上げられた七夕馬(東 S家)

 辰新田のある家では、七夕が終わると真菰の馬は母屋や納屋の屋根に放り上げる。母屋には赤の色紙を巻いた雌を上げ、納屋には青の色紙を巻いた雄を上げる。納屋の屋根に上げるのは、馬に農作業で働いてもらうからであるという。放り上げるときには馬に紐を付けて、その紐を持って投げ上げる。笹飾りの処理は、かつては近くの川に流したが、現在は川に立てた後で燃やしてしまう。
 須賀上のある家では、七夕が終わると真菰の馬は屋根に放り上げる。こうすると味噌の味が変わらないという。かつて笹飾りは、「七夕様が流してくれ」というので川へ流した。
 中島のある家では、雌雄二頭の真菰の馬を六日に作って飾る。馬は「シロカキなどの農作業にかかせないので、穂の出た田んぼを見てもらう」ために田の周りを回すという。真菰の馬は七夕が終わると屋根に上げ、七夕飾りは川せがきといって川へ流した。