宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第二章 生産生業

第二節 諸職

六 紺屋

(一)宮代町の紺屋

[宮代町の紺屋]

 糸や布の染色を職業とする家を紺屋といい、かつては宮代町にも百間、中島、逆井、藤曽根などに紺屋があった。衣服が和装中心であった時代には、糸を染めて縞や無地を織ったり、白生地を染めてよそゆきの着物を仕立てたり、あるいは手持ちの着物を染め替えて仕立て直すというように、衣服の賄いに染色が欠かせなかった。したがって、紺屋はたいへん繁盛をしたのである。しかし、第二次世界大戦後は衣服の洋装化に伴って紺屋が次々と姿を消し、現在では百間の井上染物店を一軒残すのみとなっている。