宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第二章 生産生業

第二節 諸職

五 桶屋

(二)桶の種類と製作技術

1 桶の種類

 桶の蓋は節がある板は使わなかった。また、蓋にサン(ツマミの部分)をつけるときは、抜けないようにアリサシにした。サンが蓋にはまる深さを計り、ケヒキで蓋のコバに線をつけ、ヒフクラというカンナで溝を掘り、ノコギリでハス(斜)に切り、ツキノミという薄いノミでつくとアリサシができる。蓋の厚みはツケハンダイなら六分、フロオケは薄く五分くらいだった。そのため、昔は「風呂に最後に入る人はフタを取れ。さもないとふやけっちゃう」と注意されたものである。

2-68 アリサシ