宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第二章 生産生業

第二節 諸職

四 折箱屋

(三)折箱屋の仕事場

[折箱屋の仕事場]

 初代春吉氏は、昭和五年に折箱屋をはじめるに当たり、その仕事場を杉戸駅(現東武動物公園駅)の近くに決めた。杉戸駅は東武伊勢崎線と日光線の乗換え駅であり、乗降客が多く駅弁も良く売れる。したがって、折箱の需要も高いと見込んだからである。また、修業先の親方が、「これからは駅に近いところが発展する。一歩でもよいから駅に近いところを探せ」と忠告したことも大きく影響した。