宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第二章 生産生業

第二節 諸職

四 折箱屋

(一)折箱の歴史と折箱屋

[折箱の歴史と折箱屋]

 折箱は日本で発祥したものであり、その原形は神事用具の折敷(おしき)であるといわれている。江戸時代には、使い捨て容器として庶民のあいたで使用が広まり、明治時代に鉄道が発達すると駅弁の容器として一気に需要が高まった。また、赤飯や菓子の容器など、暮らしにも欠かせぬものとなっていった。