宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第二章 生産生業

第二節 諸職

三 井戸屋

(一)井戸の種類と井戸屋

[井戸の種類と井戸屋]

 突き井戸は、被圧地下水を常時噴き出させる自噴井戸で、サトカタあるいはサトと呼ばれる低地の水田地域に見られる。サトカタは、スナメと称する砂礫層の土壌で、ここでは農業用水はもちろんのこと飲み井戸(飲料水の井戸)も突き井戸であった。また、昭和三〇年代から畑の陸田化が進み、方々で陸田用の突き井戸が掘られた。同じ水みちに当たった井戸は水量が減り、水のトリックラ(取り合い)になることもあったという。