宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第二章 生産生業

第二節 諸職

一 籠屋

(二)籠の種類と製作技術

3 クサトリミイケの製作工程

 クサトリミイケのヒゴはカワを使う。カワを表にして、まず縦横に二本ずつ組んでから、それぞれの辺に一本ずつ足して互い違いに一二本になるまで編む。これを底という。底が動かないようにニクで作ったトメで押さえて編目をメトオシで整えたあと、折尺(曲尺)で一辺一尺寸になっているか測る。籠作りでは底の部分を作るシタグミや、タチアゲ(立ち上げ)の高さなどの寸法を測るときに折尺を使う。

2-28 シタグミ[1]


2-28 シタグミ[2]