宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第二章 生産生業

第二節 諸職

一 籠屋

(二)籠の種類と製作技術

1 籠の種類

 籾を入れたり、米を研いだ後の水切りに用いる。正月の餅搗きの糯米を研ぐのに適していた。糯米の水分の残し方は難しく、乾燥しすぎても水分が多くてもよくないが、この笊を使うとちょうどよく糯米が蒸かせておいしい餅が搗ける。

2-26 コシフグ・イットゴショウザル・クサトリミイケ・ナナマリショウギ・ヒラショウギ(上段左から)