宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第二章 生産生業

第一節 農業

四 養蚕

(四)養蚕信仰

[養蚕信仰]

 茨城県の筑波山麓に鎮座する蚕影山(こかげさん)神社(茨城県つくば市)は、養蚕守護の神として関東一円から甲信地方にかけて広い信仰圏を持ち、宮代町からも多くの養蚕農家が参詣に訪れた(2-23)。蚕影山神社では、金色姫の図を描いた絵札や守札を出し、養蚕農家ではこれらを蚕室に貼って繭の豊作を願った。

2-23 蚕影山神社拝殿

 西粂原では、榛名講で群馬県の榛名神社へ代参した折りに、農作物の豊作祈願に併せて繭の豊作を祈願した。西粂原の榛名講は、島野方・中通り・深江戸・新田の四地区で構成され、それぞれの地区から代表者二名が出て榛名神社へ代参した。島野方の講員数は二四戸であったという。