宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第二章 生産生業

第一節 農業

三 果樹

(一)ぶどう栽培

2 栽培技術

 果色の判断で行っているが、全部が商品であり未熟果が混入しないように留意している。着色から収穫までの日数はハウスで三五~四〇日、露地で四〇~四五日であるが、収穫に当たっては糖度を測定し、酸味の少なくなるのを待って始める。年により酸度を下げるために消石灰を三〇キログラムを施用する。
 荷造りは果粒の大きさ、色を揃え白粉を落とさないことが大切で、脱粒をおこすような無理な詰め方をしないことが肝要である。