宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第二章 生産生業

第一節 農業

二 作物の生産

(二)麦作

[麦作]

 麦播きの直前に、畑の耕起を行う。このことを畑うない・畑うねといった。畑うないと麦播きの間はあまり間を開けてはいけない。
 最初に、馬耕機を馬や牛に引かせて大きく土を起こす。大正時代にはさらに大型のオオグワと呼ばれる道具を使ったが、馬耕機が発売されてこれに変わっていったのである。その後、マンガを馬で引かせて土を砕いて平らにしていくのである。マンガだけでは、土の塊が残るので、ツブテックシを使ってさらに土を砕く。なお、陸稲を作ったあとは畑が固いので根を起こすために人力で行った。
 なお、さつまいもを栽培した後の畑には、小麦を播く。この場合、さつま掘りをしてうなってしまうので、さつまいもの蔓を地面に埋めて、そのまま小麦播きとなる。