宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 通史編

第四編 近現代

第九章 宮代町の誕生

第一節 新たな教育制度の発足と文化

昭和二十六年十一月須賀村に婦人の地位・教養の向上を目的として婦人会が結成された。百間村もほぼ同時期に設立されているものと思われ、以降、婦人会活動も活発に行われた。昭和三十年には県内で三七〇もの団体数を数えた。
 こうした婦人を対象とした婦人学級も開設されている。昭和三十五年には県指定学級として年八回、「生活の技術」、「町の政治」、「婦人と法律」などの講座が行われている。また、翌三十六年には須賀地区で行われている婦人学級が文部省(現文部科学省)の指定学級に指定されている。「青少年の健全な育成をはかる為の学習」、「良識ある婦人となる為の学習」を課題として八月から十二月まで七回の講座が開かれた。

4-94 寿学級(昭和40年代)