宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 通史編

第四編 近現代

第六章 社会世相と宮代

第二節 日清・日露戦争と宮代

幕末には、各地の地主層、富商、医師などを中心として地域的な文化サロンが形成され、俳諧、和歌、漢詩の会、書籍の購読、書画の鑑賞などの文化活動が活発に展開された。この動きは明治になってからも継承されていった。当町でも挿花が行われていたことを証する花碑が中須に明治三十九年三月に造立され、五一人の名前が刻まれている。近世では男子だけであったが、このころは女性も参画している。俳句は、近世からの多少庵が引き続き活動を続けている。