宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 通史編

第四編 近現代

第一章 行政村の形成と発展

第二節 町村制の公布と町村合併

 折原静汀(源太郎)は、明治三十年(一八九七)六月二十三日、百間村大字金谷原組に生まれた。大正四年(一九一五)、一八歳で百間村役場に書記として奉職したが、翌大正五年十一月に、前田夕暮の「白日社」に特別社友として入社し、『詩歌』十二月号に「冬されば遠き樹の間に水光り麦はほのぼの青みこしかも」など八首を発表した。『詩歌』には、短歌のほかに詩、小説、戯曲、評論なども掲載され、若山牧水、斎藤茂吉、石川啄木、北原白秋など当時の文壇を代表する歌人、詩人らが寄稿していた。
 大正六年二月には、「白日社武蔵野支部」を設立し、幹事となり、同年四月より、「静汀」の号を用いた。同年五月には原三郎らと短歌結社「嬰児詩社」を設立し、『嬰児』を創刊した。「白日社」や「嬰児詩社」を舞台に旺盛な創作活動を行っていたが、大正七年には、『嬰児』が五月号をもって廃刊となり、『詩歌』十月号で廃刊となってしまう。翌大正八年六月に、結婚した静汀は、これを機に一切の文学活動をやめたようで、その後の作品は残されていない。
 大正八年十月より、南埼玉郡役所書記となり、大正十一年には大蔵省に出向して税務署に勤務した。昭和四年(一九二九)、三三歳で、百間村村長に就任し、飛地の整理を目的とする土地の名称変更を行い、大字を整理して小字制とした。また、大六天(山崎)に日活の撮影所を誘致し、村を発展させる計画もあったようである。しかし、昭和九年一月二十二日、三八歳でこの世を去った。
 静汀の作品は、長く埋もれていたが、三男の戸辺好郎氏より発掘・整理され、『武蔵野の歌人折原静汀―「嬰児」をめぐる青年歌人たち―』(埼玉新聞社、一九八四年)としてまとめられている。

4-9 折原静汀(『武蔵野の歌人折原静汀』より転載)