宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 通史編

第三編 近世

第五章 江戸時代の宗教と信仰

第三節 人々の信仰

不動明王は、右手の剣で悪魔煩悩をくじき、左手の羂索(けんさく)は自由を示すという。近世の雨ごい祈祷などのときには湯立て神楽(かぐら)なども行われた。