宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 通史編

第三編 近世

第五章 江戸時代の宗教と信仰

第三節 人々の信仰

この神様は、田の神様といわれているが、除災招福の神様として武家や商人の屋敷神として広く信仰された。毎年二月の初午(はつうま)には子供たちが神社にこもる習俗があった。