宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 通史編

第三編 近世

第五章 江戸時代の宗教と信仰

第三節 人々の信仰

天神とは、天満天神のことであったが、菅原道真(すがわらのみちざね)の信仰と混同されて天神信仰となった。近世になると学問、書道の神様として、特に寺子たちに尊崇された。