宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 通史編

第三編 近世

第五章 江戸時代の宗教と信仰

第三節 人々の信仰

地蔵信仰は、一般的には左手に宝珠をのせ、右手に錫杖(しゃくじょう)を持って立っている姿は、六趣四生の苦患を祓(はら)うといわれ、道祖神信仰などとも結びつき村境や村の辻などに造立されている。地神と結びつき、人々のあらゆる願望をかなえてくれる菩薩となり、子供とも結びつき子育地蔵などとして広く信仰されている。