宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 通史編

第三編 近世

第五章 江戸時代の宗教と信仰

第三節 人々の信仰

庚申の夜に寝ると体内の三尸虫(さんしのむし)が天帝に悪事を告げるというので、寝ないで庚申待(こうしんまち)を行い、この供養として、庚申塔が造立された。近世には、庚申の三猿などと共に習合調和し、猿田彦信仰へと発展するが、道祖神とも同一信仰されている所もある。