宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 通史編

第三編 近世

第五章 江戸時代の宗教と信仰

第二節 村々の寺社の由来

和戸村に所在し、宗派は本山修験派である。葛飾郡幸手領不動院の配下で、宇宮山宮本寺と称し、本尊は不動明王を祀っている。和戸村の鎮守宇宮明神社の別当職を務めている。和戸村明細帳には、山伏本学院、境内五反三畝八歩、本学院の抱の天神宮が鎮守する二反一六歩は除地となっている。また、墓所の一畝一九歩も除地となっている。