宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 通史編

第三編 近世

第五章 江戸時代の宗教と信仰

第二節 村々の寺社の由来

須賀村に所在し、宗派は本山修験派である。葛飾郡幸手領不動院の配下で、身代山と称し、本尊は不動明王を祀る。開祖の尊長は、須賀村の身代神社の別当職を勤め、永禄四年(一五六一)四月二十一日に没したと伝える。