宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 通史編

第三編 近世

第五章 江戸時代の宗教と信仰

第二節 村々の寺社の由来

百間中島村に所在し、宗派は新義真言宗である。百間東村西光院の門徒寺で、若宮山という。昔は、観音堂であったが、島村氏が開基して一寺と成したという。ここは、西光院のシタデラなのでお坊さんは居住せず、西光院の住職が兼ねていた。御年貢地二反八畝一九歩は除地である。