宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 通史編

第三編 近世

第五章 江戸時代の宗教と信仰

第二節 村々の寺社の由来

百間村に所在し、宗派は新義真言宗である。百間東村西光院の門徒寺で、稲荷山といい、本尊には不動を祀る。境内六反八畝四歩は除地となっている。地元ではカミデラと呼ばれていた。