宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 通史編

第三編 近世

第四章 御成道と宮代の道

第三節 将軍御成の道

町域の往還には用悪水堀や古利根川に七か所の橋が架けられていた。

3-98 日光御成道にかかる橋 (「日光御成道宿村大概帳」より作成)

 西粂原村の三橋は、天保期以前には土橋だった時期があり、そのころは徳川御三卿の一橋家が架け替えや修繕工事に当たり、費用を出していた。当村が一橋家の鷹場や領地に属していたからであろう。その後、石橋となり、村方で架け替え費用を出し、自普請で行うようになった。
 国納村の土橋、国納橋は、享和二年(一八〇二)には幕府代官による普請が行われた。安永五年(一七七六)の社参では、国納橋と和戸村の(備前)前堀橋の架け替えが行われたようで、架け替えに人足や費用を負担したのは埼玉郡油井ヶ島村(ゆいがしまむら)、常泉村(つねいずみむら)(以上加須市(かぞし))、中曽根村(なかそねむら)(久喜市)、割目村(わりめむら)(加須市)、六万部村(ろくまんぶむら)、上清久村(かみきよくむら)、下清久村(しもきよくむら)、所久喜村(ところぐきむら)、下早見村(しもはやみむら)、樋ノ口村(ひのくちむら)、青柳村(あおやぎむら)、上早見村(かみはやみむら)(以上久喜市)、野牛村(やぎゅうむら)、新(荒)井新田村(あらいしんでんむら)(以上白岡町)、新堀村(にいぼりむら)、戸ヶ崎村(とがさきむら)、三箇村(さんがむら)(以上菖蒲町(しょうぶまち))、久本寺村(鷲宮町)(くほんじむら(わしみやまち)))の堀筋一八か村であった。このときさらに幸手宿へ臨時の加助郷を申し付けられそうになり、負担加重であるとして嘆願したこともあった(安永五年「日光社参触書書写帳」さいたま市福島家文書)。また、元治(げんじ)元年(一八六四)江面村(えづらむら)と下早見村(久喜市)では、国納橋の橋役を務めていることを理由に、正徳五年(一七一五)から日光道中幸手宿の助郷は半高役免除(村高の半分は負担を免除されること)であるとしている(「幸手宿助郷勤高書上帳(さってじゅくすけごうつとめだかかきあげちょう)」慶応大学経済学部古文書室蔵)。橋役とは橋の普請人足や費用の負担であり、村々の負担加重にならないようこうした減免措置がとられた。

3-99 日光御成道にかかる国納橋

 和戸村の石橋二橋は自普請、字前堀橋は備前前堀が騎西領の悪水路であったため、騎西領一六か村組合の自普請であった。和戸橋は天明元年(一七八一)、同七年、寛政四年(一七九二)の川々普請の時は幕府による御普請が行われた。

3-100 日光御成道にかかる和戸橋