宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 通史編

第三編 近世

第二章 辰新田の開発

第三節 村の制度としくみ

領主支配の末端としての村の機能は、年貢村請けなどにみられる貢租徴収、夫役徴発が第一であった。そして、その基礎となる村の秩序や治安を維持するための、さまざまな行政的な事務も村を単位に行われた。
 近世中期になると、村の行政事務は文書によるやりとりがシステム化された。3-45は、町域の主要文書群から近世初期から享保期までの元号別文書数を一覧にしたものである。和暦の方が私たちになじみが深いので元号別に区切ったが、西暦でほぼ二〇年ごとに区切れるよう工夫した。古文書の残存率があるので、あくまで傾向の把握にすぎないが、それでも近世中期の天和~元禄ごろから文書量が増加し、享保期に飛躍的に延びていることが分かる。天和以前は文書の内容をみると検地帳と年貢割付状である。土地台帳や貢租関係の文書は、村にとって後日に根拠や証拠となる文書であるとともに、領主にとっても重大事であったため、近世前期から文書作成のシステムが整えられていたといえよう。一方、天和以降享保期に至ると、村に関わるさまざまな文書が成立してくる。村政一般に文書化が進んだのである。それらは、次第に領主とのやりとりだけではなく、村と村の間や村民相互の間でも文書が交わされるようになっていく過程でもあった。ここでは、主に領主支配に関わって作成された御用留や五人組帳についてみてみよう。

3-45 町域の元号別文書数一覧 
(慶長期~享保期)