宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 通史編

第一編 原始・古代

第八章 律令国家の成立と展開

第一節 はじめての住民登録と税の負担

ところでこの当時、自然災害や田租の負担などによって春先に田植えのための種籾が不足した農民たちは、そのような危機をどのようにして乗り切ったのだろうか。このことを教えてくれるのが、昭和五十八年(一九八三)七月から同六十年三月まで、国道一七号線のバイパス建設工事に先立って発掘調査が実施された行田市小敷田(こしきだ)遺跡出土の一枚の木簡である。木簡とは、さまざまな内容が文字で記された小さな木の板であり、紙が貴重品であったこの当時、中央や地方の役所の事務などは、この木簡を用いて行われていたのである。小敷田遺跡から出土した木簡は、一緒に出土した土器の年代から、ちょうど西暦七〇〇年前後、すなわち八世紀前後のものであることが判明した。
 小敷田遺跡は、次節で詳しく述べるように武蔵国埼玉郡の郡役所(郡衙)跡と思われる遺跡であるが、この木簡には、表に「九月七日五百廿六□[次カ]四百」、裏に「卅六次四百八束并千三百七十小稲二千五十五束」という文字が記されていた。これは、「九月七日」という月日、そして五二六束、四三六束、四〇八束という三つの稲束量とその総計に当たる一三七〇束という稲束量の記載であり、続く「小稲」二〇五五束という稲束量は、一三七〇束のちょうど一・五倍(五割増)に当たる稲束量である。詳細な検討の結果、このような記載内容は、この木簡が、この当時行われていたとされる利息付きの稲の貸借制度である「出挙」を記録したものであることが判明したのである。出挙の制度はすでに古墳時代ごろから存在していたと思われ、もともとは各地の在地首長層が困窮した農民たちに春と夏の二回、管理していた稲を貸し出すという相互扶助的な慣行であったものが、律令国家の成立以後も五割または十割という利率で公的な制度「公出挙(くすいこ)」として継続していたものと考えられている。ただし、公出挙では相互扶助的な役割は薄れ、むしろその利息の稲を先の田租と共に各国の「正税」として、各郡衙に設けられていた正倉に蓄えて、各国の地方行政の経費や中央への進上物の調達費用に充てていたようであり、これを維持していくために、農民たちに半ば強制的な稲の貸し出しが行われていたようである。
 これまで、こうした制度については、数少ない文献資史料からその存在をうかがい知るだけであったが、小敷田遺跡の木簡は、利息五割の出挙が実際に行われていたことを示す初めての物証として重要な発見であった。残念ながら、小敷田遺跡すなわちかつての埼玉郡の郡役所(郡衙)から出挙を受けていたのが、埼玉郡内のどこに暮らしていた農民たちであったのかは明らかではないが、現在の宮代町域に暮らしていた人々も、きっとこうした制度の下で暮らしていたのであろう。

1-62 小敷田遺跡木簡 (埼玉県立埋蔵文化財センター所蔵)


1-63 平安時代に一般の人々が用いていた土器
~蓮田市椿山遺跡出土~ (蓮田市教育委員会提供)