宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 通史編

第一編 原始・古代

第一章 宮代人の登場

第三節 宮代町発見の旧石器

細石器は長さ二~三センチ、幅〇・五センチ程度の小形の石刃と、それを剥がした後の細石核が特徴的である。細石刃(さいせきじん)は小さすぎて一つ一つでは道具として使うことができないが、木や骨の側縁に並べて埋め込むことで、初めて鋭い槍先を作ることができる。つまり個々の細石刃は、部分的な刃こぼれの際に、そこだけ取り替えればすむ便利な組み合わせ用の石器である。
 逆井遺跡から良好な資料が発見されている。

1-8 逆井遺跡出土細石器