鶴ヶ島市立図書館/鶴ヶ島市デジタル郷土資料

「鶴ヶ島町史」通史編

通史編

第五編 近現代

第二章 明治期の鶴ケ島

第一節 廃藩置県と大区小区制

1 武蔵県より埼玉県へ

 埼玉県が現在の管轄地域をもつ一つの行政区域となったのは、明治九年八月であるが、その成立までには、目まぐるしい程の紆余(うよ)曲折があった。
 慶応三年(一八七六)一二月、王政復古を宣言した新政府は、翌四年三月に五か条の御誓文を宣布し、つづいて閏四月二一日には「政体書」を公布して、抽象的な綱領にすぎなかった御誓文を具体化した。それによると、地方統治については、没収した旧幕府領・旗本知行地は新政府の直轄地とし、江戸や京都・大坂・甲府などの所司代・城代・奉行などが管轄していた重要な地域は府(全国九か所)とし、その他は県(全国二〇県)に分けて、新たに知事を任命した。そして、大名領の藩は急進的な処置を避けて、もとのまま藩主の領有を認めることにした。
 埼玉県内では当時、川越・忍(おし)・岩槻の三藩があったが、別に半原(岡部)・前橋・高崎の国外藩の分藩があった。
 明治二年の段階で県内にあった県は、岩鼻県・韮山(にらやま)県・葛飾(かつしか)県・小管県・大宮県(のちに浦和県)・品川県の六県であった。しかし、当時の県内には旧藩の領地が飛地として散在し、また、新設の県の管轄地も一か所にまとまっていたわけではなかった。それで、管轄地の変更がそれ以後も繰り返されたが、明治四年七月の廃藩置県の結果、中央集権体制が確立され、ようやく地方行政区画を整理する機運が熟した。同年一一月、埼玉県の地域は、埼玉県と入間県の二県に統合されることになった。
 埼玉県の範囲は、埼玉郡全域と、葛飾郡・足立郡の北部一帯を含むことになった。入間県は荒川より西部と、熊谷以北である。県庁の所在地は、入間県は川越、埼玉県は浦和であった。
 県の区域は、その後、幾度かの曲折をへて、明治九年八月、現在の埼玉県が成立した。その曲折の主なものは次の通りである。
六年三月 群馬・入間両県を合わせて熊谷県とし、熊谷に県庁をおいた。
九年八月 熊谷県を廃止して、その武蔵国に属する部分を埼玉県に合併した。
 このように、明治九年に埼玉県が誕生するまでの生みの軌跡を、当町内の旧村々にたどると、表―3のようである。
hyo表5-3 武蔵県より埼玉県へ