さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

林鐘

 
さとられずに      雨あとの        徒労と         濡れて届かむ      
古文書を        同じ弧を        大聲にて        秋草を         
「アラスカの      ありありと       
 
 
 

10574
さとられずに すましたき齟齬 思ひゐて 柿の花がら 踏みつつ帰る
サトラレズニ スマシタキソゴ オモヒヰテ カキノハナガラ フミツツカエル

『林鐘』(林鐘短歌會 1957.1) p.1


10575
雨あとの 靄はれゆけば 対岸に 廃墟のごとき 街浮び出づ
アメアトノ モヤハレユケバ タイガンニ ハイキョノゴトキ マチウカビイヅ

『林鐘』(林鐘短歌會 1957.1) p.1


10576
徒労と 知りつつ待ちし 年月よ 熱きタオルに 襟あし拭ふ
トロウト シリツツマチシ トシツキヨ アツキタオルニ エリアシヌグフ

『林鐘』(林鐘短歌會 1957.1) 第9巻10号 p.1


10577
濡れて届かむ われの手紙と 思ひつつ まどろめば遠ざかる 夜の雨
ヌレテトドカム ワレノテガミト オモヒツツ マドロメバトオザカル ヨルノアメ

『林鐘』(林鐘短歌會 1957.1) 第9巻10号 p.1


10578
古文書を 読みつなぎつつ ほうけゆく 雨に散りゐむ 百日紅も
コモンジョヲ ヨミツナギツツ ホウケユク アメニチリヰム ヒャクジツコウモ

『林鐘』(林鐘短歌會 1957.1) 第9巻10号 p.1


10579
同じ弧を 描き続くる ネオン見え 思はぬことも 言ふかも知れぬ
オナジコヲ エガキツヅクル ネオンミエ オモハヌコトモ イフカモシレヌ

『林鐘』(林鐘短歌會 1957.1) 第9巻10号 p.1


10580
大聲にて わめき散らせし あとのごと 何に寂しむ 今朝のこころよ
オオゴエニテ ワメキチラセシ アトノゴト ナニニサビシム ケサノココロヨ

『林鐘』(林鐘短歌會 1957.1) 第9巻10号 p.1


10581
秋草を 手向けて遠く 過ぎ来しが 野の石佛も 霧に濡れゐむ
アキクサヲ タムケテトオク スギコシガ ノノセキブツモ キリニヌレヰム

『林鐘』(林鐘短歌會 1957.1) 第9巻10号 p.1


10582
「アラスカの やうに淋し」と いふ詩句を 眠らむとして 今宵も思ふ
アラスカノ ヤウニサビシト イフシクヲ ネムラムトシテ コヨイモオモフ

『林鐘』(林鐘短歌會 1957.1) 第9巻10号 p.1


10583
ありありと 後れゆく身を 寂しめば 木菟も夜すがら 啼きとほしたり
アリアリト オクレユクミヲ サビシメバ ヅクモヨスガラ ナキトホシタリ

『林鐘』(林鐘短歌會 1957.1) 第9巻10号 p.1